Interviewインタビュー

dTVオリジナル『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』
平岡 祐太さん インタビュー

映画では描ききれなかったキャラクターの物語“キャラクターをもっと好きになってもらえれば”

人気コミック『進撃の巨人』を実写映画化した2部作の後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が現在公開されている。映像配信サービス・dTVでは、映画で兵器隊長・ハンジを演じた石原さとみさん主演のオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』を全3話で配信。ドラマのオリジナル新キャラクター「イズル」を演じた平岡祐太さんに本作について話を聞いた。

―元々、原作がお好きだったとか?

そうですね、原作は読んでいました。雑誌か何かでオススメしてあったのを見て読み始めたんですけど、今までにない衝撃的な内容にハマりました。読んでいくうちに作中にでてくる「壁」が社会を現しているように感じてきて、おもしろいなと思いました。

―dTVオリジナルドラマに出演が決まった時の心境はいかがでしたか?

映画化になるという話は数年前から聞いていて、もし本当に実写化するなら絶対に出たいと思っていたんです。でも、漫画を見ていて僕の容姿や雰囲気などで演じられる役がないなって、諦めていたんです(笑)。でも、今回オリジナルドラマでの出演の話がきて、「まじか!」ってすごく嬉しかったです。チャンスはめぐってくるんだなと思いました。出演が決まってから、また漫画を全巻買い直して、初めて読んだ時を思い出しながら懐かしい気持ちで読んでいました。

―オリジナル新キャラクターを演じられたとのことで役づくりは難しかったですか?

僕が演じた「イズル」は、立体起動装置を生み出すきっかけとなる役柄なんですが、原作では存在しない1から作っていくキャラクターだったので、作品の世界観を頭に置きながら、どんなキャラクターであるべきかを考えました。映画の撮影を経てきた人ばかりの中に入っての撮影になるので、はじめは不安もありました。

―実際に撮影が始まってみてどうでしたか?

撮影が始まる時は映画の前編も完成していなかったので、イメージをつかむために予告編を観させてもらいました。石原さとみさん演じるハンジが原作そのもので、衝撃を受けました。イズルはハンジとのコンビネーションが大切な役だったので、個性的なハンジにペースを乱されて、とりあえず振り回されていようって思っていました(笑)。役の設定や置かれている状況などは整理しながら、あとは現場で石原さん(ハンジ)がこうするならこうしよう、みたいな感じで進めていきました。

―石原さんと共演してみていかがでしたか?

「スーパー女優魂」を見せつけられましたね!あるシーンで「ハンジはどういう叫び方をするのか?」という話になり、石原さんが突然アニメでハンジ役を演じている声優さんに電話をかけ始めました。「ハンジってこんな感じですかね?」って2人で話しているのを見て、女優魂すごいなって思いました。このドラマを引っ張っていくのは私だ、という“座長感”をすごく感じました。

―巨人とのシーンなどCGが用いられている場面も多く、普段とは違う撮影で難しかったことなどありましたか?

巨人とのシーンは、「ここに巨人がいるとして」とか「巨人が襲いかかってきたとして」という風にすべてイメージでの撮影になるので、普段の撮影とはやっぱり違いました。絵コンテがあり、撮りたいカットが決まっているので、まだ想像はしやすかったんですけど、第1話のクライマックスとなる巨人とのアクションシーンは、位置関係を把握しながらの撮影で大変でした。

―ワイヤーに吊られてのアクションシーンもたくさん出てきますよね。

アクション自体は難しくなかったのですが、今回のワイヤーで吊られるシーンは複雑な動きが多くて。ちょっとでも飛ぶタイミングがずれると不自然になってしまうんですよね。ワイヤーを引っ張るスタッフの方と息を合わせるのが大変でした。フクシ(渡部秀)とリル(武田梨奈)の物語を描く第3話は、アクションシーンが特にたくさん出てくるので迫力ある映像になっていると思います。

―完成したものを観ていかがでしたか?

漫画や映画では感情がないように見えた巨人が感情を持っているように見えたり、撮影していた時には気がつかなかった新しい発見もありました。

―ずばり本作の見所は?

映画では描ききれなかったキャラクター一人一人の物語が描かれているところです。映画を本線とすると、このドラマはその横幅を広げている役割をしていると思います。あとは、映画にはないコメディ要素でのアプローチもあるのでそういったところも楽しんでもらえたらと思います。キャラクターをもっと好きになってもらえると思います。

―では、ここからは神戸についてお聞きしたいと思います。神戸での思い出は?

映画のロケ地で港辺りに撮影に行ったことがあります。その時は空き時間がなかったのですが、機会があればいろんなところに行ってみたいですね。

―昨年には、ファッションショー・神戸コレクションにもご出演なさっていましたよね。

そうですね!以前にも出演させていただいた事がありましたが、昨年はシークレットゲストとして出演させていただきました。登場した瞬間にシラけてしまったらどうしようって、とても緊張したのを覚えています。皆さんがあたたかく迎えてくださって嬉しかったです。ランウェイを歩く時ってやっぱりかっこつけないといけないので、演技するんですよね。顔を斜め45度の角度でカメラに写るように意識したりとか(笑)。でも頑張りすぎちゃって、たまに「気持ち悪い」って言われちゃうんですよ(笑)。俳優の仕事ではあまり一般の方とコミュニケーションをとる機会がないので、このようなイベントに呼んでいただけることは嬉しいですね。声援をいただけると「頑張ろう」って思えます。

―では最後に、これからdTVオリジナルドラマをご覧になる方に一言お願いします。

まずは、とにかくdTVに入ってもらいたいですね!でないと観ていただけないので(笑)。映画を観てからドラマを観る方は、この人には実はこんな物語があったんだと楽しんでもらえると思いますし、ドラマでキャラクターを知ってから映画を観る方は、より作品が楽しめると思いますので、ぜひ映画と一緒にご覧になってください!

Profile

<平岡 祐太>
1984年9月1日生まれ。02年に第15回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、03年に俳優デビュー。05年には、映画『スウィングガールズ』で第28回「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した。映画、ドラマ、舞台など様々なメディアで活躍している。