Interviewインタビュー

道端 カレンさん インタビュー

“UGGを履くとセクシーな足を演出できるのが、とても好きです。”
オープンから1周年を迎えたUGG Australia神戸の記念イベントに、現役モデルとしても母としても活躍する道端カレンさんが駆けつけた。これからの季節にぴったりなUGGラインナップについて、着こなしのポイントや、その美脚の秘密について聞いた。

去年のオープン日にもいらっしゃったと伺いました。

そうなんです。遊びに来させていただいて、その時も店内すごく華やかでオシャレだなって思ったんですけど、今日も色んなラインナップがあってワクワクしてしまいます。
その時はふわっとしたミニのワンピースにロングブーツでお伺いしたんですけど、今日はガラっと雰囲気を変えてみました。今日は、秋冬の流行の迷彩ブーツを東京から履いてきたので、これに合うように、あえて上はセクシーな感じにしました。
私は、UGGの靴のセクシーな部分がすごく好きで、思い切り足を出して履きたいなって思っています。

カレンさんは実際にUGGを愛用していらっしゃるとのことですが?

私はUGGを愛用し始めてからとても長くて、たぶん10年くらいは履いていると思います。色んなアイテムを実際に持っているし、色んなパターンのものを履いてきています。たとえば、前期はボタンがついているものとかスワロフスキーがついているものだったりとか…、スリッポンタイプのものも好きなので、そういうのは家のなかとかで履いたりしていますね。でもあれは実は、家の中でも外でも両方使えるんですよね。私はちょっと汚したくなくて家のなかのものは専用で使っちゃうんですけど(笑)

履き心地はいかがですか?

もう最高ですよね。気持ちよくって、そして足にすごくフィットします。UGGって不思議なんですけど、履いているうちに中のシープスキンが自分の足のかたちに馴染んでくる気がするんですよね。だからこそ、このフィット感というのがその人その人に合ってくるのかなって思うんです。安定感もいいですし、子どもに履かせても気持ち良いって言いながら、歩きやすくって気に入っています。

ご家族でも楽しまれるんですか?

UGGにはキッズラインもあって、すごく可愛いんです。特に女の子のカラーは可愛いくて…といっても、うちは男の子二人なのでシンプルな色を履いているんですけど。やっぱりモコモコしていて気持ち良いって気に入っています。あとは、お友達にお子さんが生まれたときのプレゼントとかにも良いですよね。赤ちゃんのファーストシューズくらいのサイズもあるし。リボンがたくさんついているものとかカラフルなものとか、本当に可愛いので、家族揃ってのコーディネートが楽しくなります。

最後に、美脚の秘訣について教えてください。

結構シャワーで済ませがちなんですけど、まずはお風呂にちゃんと浸かって、温めながら足をマッサージして、血行をよくして循環をよくするっていうことをやっています。そして、お風呂からあがって柔らかくなったところにオイルとか使って、老廃物をリンパ管に流すみたいな感じです。
本格的にトライアスロンに取り組んでいて、もう筋肉ゴリゴリになっちゃっているんで、自分でマッサージして、なるべく足の筋が見えるようにっていうのを毎日ケアしていますね。女性はハイヒールを履くことも多いと思うんですけど、ハイヒール履いているのって実はトレーニングをしているのと同じことなんですよね。ふくらはぎの筋肉が張っている状態になるんで、そのままにしておくとだんだんむくんでくるんですよね。むくみが結局、足のかたちがよく見えないっていうことの原因になったりもするので。やっぱり温めて、ほぐして、流すっていうのはすごく大事なことだと思います。

Profile

<ミチバタ カレン>
1979年生まれ。福井県出身。
父親がアルゼンチン国籍を持つスペイン人とイタリア人のハーフ、母親が日本人。3姉妹の長女で、次女は道端ジェシカ、三女は道端アンジェリカ。中学3年生の時に雑誌「Seventeen」でモデルデビュー。現在も「InRed」(宝島社)や「SAKURA」(小学館)へ出演。最近ではママとしての一面も生かし、テレビやトークショーにも出演し、幅広い活躍を見せている。