Interviewインタビュー

『TKF大祭り たむらけんじ芸歴20周年LIVE』
たむらけんじさん インタビュー

お笑い芸人・たむらけんじさんが、今年で芸歴20周年を迎えることを記念して、野外イベント「TKF大祭り」を行う。『歩けと言われれば、歩いてでも行く』と豪語するほど自身が愛してやまない淡路島で開催される同イベントは、単なる“フェス”ではない。たむらさんを筆頭にTKF(たむらけんじファミリー)がつくり上げる、笑いあり、音楽あり、スポーツにグルメもありの“アドベンちゃ~♪”な大祭りなのだ。

―まずは、芸歴20周年おめでとうございます!これまでを振り返ってみて、いかがですか?

ありがとうございます!芸人生活の中で、3回ぐらい全く仕事なくなったんとちゃいますかね…。ただ、振り返ってみれば、めっちゃ面白かったです。あっという間やったし、金がないときも楽しかった。なかなかいい人生を送ってるなと思います。

―そんな充実した20年を記念したイベントですね

はい。“最強のごった煮”を目指しています。お笑いだけでもなく、音楽だけでもなく、若者だけでもなければおじいちゃんだけでもない。つまり、みんなが楽しめるイベントにしようと。20年間の僕の人脈をフルに生かして、最強のメンバーが集まりますよ。

―本当に豪華なメンバーにびっくりしています!

そうなんです。ただ、僕、この20年でこんなにプレッシャーに感じたことってないですね。テレビとかは失敗しても全部自分に返ってきますやん。でも、これは失敗したら色んな人に迷惑かけるので、絶対に成功させなという思いがありますし、こういうイベントをやらせてもらえることも、幸せなことやと思ってますので。

―お笑い以外の要素も取り入れようとしたのはなぜですか?

僕、家族に来てもらいたかったんですよ。大人も子どもも楽しんでもらいたかったんです。遊び場や、プロスポーツ選手のスポーツ教室に、縁日や大道芸なども考えています。会場のどこを歩いていても楽しめるので、それぞれのTKF大祭りをみなさん味わっていただければと思います。

―ところで、淡路島の魅力とは?

関西の近くに、楽園の島があるんやということをまだ知らない方が多いんです。食べ物は、海の幸も山の幸も美味しいし、色々な泉質の温泉があるし、夏は海水浴ができるところもたくさん。パラセイリングもできるし、牧場もある。でも、遠いと思っている方が多いんですよね。三宮からバスに乗っても、そこまでかからないんですよ。Recipeさん、ぜひ淡路島のお店も載せて下さいね!(笑)。

―では最後に、Recipeの読者へコメントをお願いします!

僕もそうやったんですけど、大人になってくると、だんだん行動力がなくなってくるんですよ。外のイベントとかも「行きたいけど、ちょっとしんどいな」って。でも、何かいいことに出会えたりもするので、一歩足を踏み出してもらいたいです。さっきも言いましたが、淡路島は意外と近いです!「遠いな」と思われるだろうということは、やる前から百も承知のイベントですから、絶対損はさせませんよ!

Profile

<たむらけんじ>
1973年、大阪府生まれ。1992年より、お笑いコンビ「LaLaLa」を組んで活動していたが、1999年に解散。以降ピン芸人として活躍している。2006年には焼肉の店「炭火焼肉たむら」1号店をオープン。実業家芸人としても活動の場を広げている。