Interviewインタビュー

映画『カラスの親指』 阿部 寛さん インタビュー

“ラストは日本映画史に残るようなシーンになると思います”
直木賞作家・道尾秀介の同名小説を映画化した『カラスの親指』が11月23日(金・祝)に公開される。主人公のサギ師・タケ役を演じるのは『麒麟の翼』のシリアスな刑事役から『テルマエ・ロマエ』のコミカルな古代ローマ人まで、幅広いキャラクターを演じる阿部寛さん。相方・テツを演じるお笑い芸人・村上ショージさんとの絶妙なコンビぶりはもちろん、観るものの予想を裏切る驚愕の逆転劇にも注目だ。

―初めて演じた「サギ師」という役はいかがでしたか?

監督が詐欺の手口に関する本を何冊か持っていたので、それを貸してもらって読みました。タケという役はアマチュアに毛が生えたような役なので、それほど本を参考にすることはなかったですが。でも“サギ師としての演技を芝居の中で行う”という、二重の演技ができたのは面白かったですよ。(様々なキャラクターに扮して)騙すシーンでは、一つの作品の中で何役にも扮することもできましたしね。

―人気の同名小説が原作ということですが

はい。“映像化不可能”と言われている作品に携われたことがすごく嬉しいです。原作者の道尾さんも、自分の作品が映像化されたことで初めてフラットな目で作品を観ることができて、すごく楽しめたそうです。(道尾さんが)現場に顔を出してくれたとき、映像になっていくことに感動していらしたし、試写が終わった後も本当に喜んでくれて。すごくホッとしたし、嬉しかったです。

―相方・テツ役の村上ショージさんと共演された感想を教えて下さい

ショージさんが生きてきた中でのご苦労や背中に刻まれた哀愁といったものが、テツさんそのものなんですよね。ショージさんがいれば、この役はすでに成立しているものだと思っていますから、安心して一緒にやらせていただきました。また、喋りの仕事をされている方なので、人の心まで伝えるプロ。“空気を埋めるアドリブ”のようなものに助けられました。タケとテツのコンビの空気感は、ショージさんが作ってくれたものだと思います。

家族のような共同生活シーンも見所でしたが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

後半はほとんどみんなで一緒にいましたが、まるで家族のようにいられたかなと思います。きわめてナチュラルな現場でしたね。その中でショージさんは助監督と一緒にセリフの練習をしていました。『やばいやばい!』って言いながら(笑)。

ラストは本当に驚きの展開が待っていますね!

はい。この作品にとって絶対的な見どころですね。これは日本映画史に残るようなシーンになると思います。ラストは「まんまとやられた」という感じがありますが、どこか清々しいんです。傷ついた過去を持った人間が寄り集まったこの作品全体には、優しさが流れていますから。…ネタバレになるとダメなので詳しくは言えないですが(笑)。監督が仕込んだ色々な伏線や罠、最後のどんでん返しを、ぜひ楽しんでいただければと思います。

Profile

<アベヒロシ>
1964年生まれ、神奈川県出身。1983年にモデルデビュー。87年に映画デビューを果たした後、数々の映画、テレビドラマ、舞台に出演。今や、人気・実力ともに日本を代表する名俳優の1人。

Storyストーリー

©道尾秀介・講談社/2012「カラスの親指」
フィルムパートナーズ

カラスの親指

【監督・脚本】 伊藤匡史
【原作】 道尾秀介『カラスの親指 by rule ofCROW’s thumb』(講談社文庫)
【出演】 阿部 寛/村上ショージ/石原さとみ/能年玲奈/小柳 友 ほか

サギ師コンビのタケ(阿部 寛)とテツ(村上ショージ)。ある日、まひろ(能年玲奈)という少女と知り合ったことをきっかけに、彼女と姉のやひろ(石原さとみ)、その恋人の貫太郎(小柳 友)との不思議な共同生活が始まった。ひとつ屋根の下に集まったのは、辛い過去を背負った者ばかり。まるで家族のような、奇妙な絆を育んでいくことに…。そんな折、一同は、タケが何者かに追われる身であることを知る。5人は一致団結し、巧みな詐欺で一世一代の大勝負を仕掛けるが―。

カラスの親指の公開情報

公開 11月23日(金・祝)
監督・脚本 伊藤匡史
原作 道尾秀介『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』(講談社文庫)
出演 阿部 寛/村上ショージ/石原さとみ/能年玲奈/小柳 友 ほか
公式HP http://crow-movie.com
劇場 OSシネマズミント神戸ほか