Interviewインタビュー

『NON STYLE TALK 2011 Vol.2』
NON STYLEインタビュー

(C)2012 吉本興業
『NON STYLE TALK 2011 Vol.2』
3月7日(水)発売
特典映像にはIOP(石田明お見合いプロジェクト)後半を収録!!
YRBN-90321 3,675円
発売元/YOSHIMOTO R and

『万歳アンラッキー』
2月20日(月)発売
石田明(NON STYLE):著
ワニブックス 1,260円

『NON STYLEと言うよりも、石田さんが主役のDVDになっています。』

東京のお笑い劇場「ルミネ the よしもと」で月1回行われる大人気トークイベント『NON STYLE LIVE』。大好評の第2弾DVDはその昨年7月から12月までの美味しいフリートークをギュッと詰め込んだベスト版!そこで今回お2人に編集部独占爆笑インタビュー!

―今回第2弾ということですが。

石田:メチャメチャ面白く出来上がっています。何故かと言えば面白くない部分は全てカットされているからです。よりすぐったものだけを選んで載せてますんで。(編集部笑)

―見どころは?

井上:今回はトークもそうなんですが、特典映像は第1弾からの続きものとして石田くんがガチでお見合いしています。
石田:全然面白くないですよ。でも、お見合いをしたい方にはとても参考になると思います。
井上:その中で僕が女性への振る舞い方など細かく指導してますんで。
石田:だから、うさんくさいハウツー本みたいな感じです。(編集部笑)
井上:ぜひ第1弾も一緒に購入していただいて合せて楽しんでいただきたいです。
石田:いや、両方おもんないですけどね。
井上:そう、真面目なんです。石田さんみたいな恋に臆病になっている男性にぜひ。

―実際お見合いをされた感想は?

石田:いいですね。そろそろ再びお見合いブームが来るんじゃないかと思うので、足しげく通いたいと思います。(編集部笑)
井上:僕はお見合いは必要ないです。女性に困ってないので。(編集部苦笑)

―となると、石田さんがメインですね?

石田:そうですね、石田が詰まってますね。(編集部笑)
井上:NON STYLEと言うよりも、石田さんが主役のDVDになっています。
石田:本編と特典とを見ていただくと僕の裏表が見えてきます。「本編無理してんな」とか(笑)。

―フリートーク集ということですが、フリートークで大事なことは?

石田:前を向いて喋ることです。
井上:大きい声を出すのも大事ですね。
石田:白い衣裳を忘れない。
井上:まぁそれは石田さんに限り。
石田:時間枠を守る…、あとスタッフ…
井上:あの!内容のこと喋ってもらっていいですか!さっきから外観のことばっかりですけど!(編集部笑)でも一番なのは“本当の話”ってことですね。リアリティが大事なので。

―井上さんは神戸学院大学ご出身ですが、神戸での想い出は?

井上:神戸でストリート漫才やっていましたんで、それが一番想い出ですね。あとは女の子と2人で初めて映画を見に行ったのはワーナー・マイカル・シネマズ明石での『グリーンマイル』です。
石田:僕も漫才の為に高い金払って三宮に行ってましたね。井上は定期あるからいいけど。そういえば「てるてる坊主」さんという方も路上ライブをしていて、一定の距離を保ちながら、結局仲良くもなれず…。でも今も名前を変えて頑張ってらっしゃると知りました。応援しています!

―石田さんは本も出されますね?

石田:そうなんです!かなり赤裸々に書いてます。過去の内容ですが、いくつかキツ過ぎて「それはナシで…」と言われたものもありまして…。

―ゆくゆくは映画化?

石田:いや、それはないです。できないように作ってます(笑)。映画化と言うよりはミニコント化ですね。それぐらい気軽な気持ちで、僕のついてない話を楽しんでいただけたら。

―最後にメッセージを!

井上:もし、神戸で僕を見かけることがありましたら、逆ナンしてきてください。お待ちしております!
石田:初めまして、石田明と申します。よろしくお願いします。今後も芸人として精進いたします…そしてですね…
井上:長い!長いし固いわ!!(編集部笑)

Profile

<石田 明(いしだ あきら・左)>
1980年2月20日大阪府大阪市出身。ボケ・ネタ作り担当。
<井上 裕介(いのうえ ゆうすけ・右)>
1980年3月1日大阪府大阪市出身。ツッコミ担当。2000年結成。爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。2008年M-1グランプリ王者。2010年S-1バトルグランドチャンピオンで獲得した賞金1億円を使用し、埼玉スーパーアリーナにてお笑いライブを無料開催した。若手屈指の実力派漫才コンビ。